東京都で犬のしつけでお困りならお任せ下さい

お気軽にお問合せ下さい 090-8565-0398 【受付】9:00~19:00【定休】不定休

ブログ


黒柴の小町ちゃん★2回目レッスン

ヒールポジションとお散歩レッスン

 

黒柴の小町ちゃん、ドッグトレーニング2回目レッスンです。

 

小町ちゃんは、ワタシが階段を上がっていくと、階段の上で待っててくれて、大歓迎してくれました。

とっても可愛いですね!!

今日も楽しくお勉強しましょう!!

 

今日はクリッカーチューニングとヒールポジション、そしてお散歩レッスンを行いました。

 

クリッカーへもちゃんと反応出来るようになってはいましたが、もう少し定着率が欲しいところでしたね。

毎回ご飯の度にクリッカートレーニングに取り組んで頂いているとのことでしたので、もう少しだと思います。

引き続き頑張りましょう

 

お散歩での引っ張りがあるとのことでしたので、今日はお散歩へも一緒に出掛けました。

 

 

引っ張りは、好奇心旺盛な若いWANちゃん達に多いお悩みですね。

犬が『お散歩は自分の好きなことが出来る時間』と考えてしまっていると引っ張りの行動は強く現れます。

更に引っ張られるままに飼い主さんがトコトコとついていけば、尚更ですね。

引っ張れば飼い主さんがついてきてくれる!と学習してしまえば、どんどん引っ張りは強化されていくでしょう。

 

お散歩で大事なことはただ一つ!

お散歩は飼い主様が主導権を握りリーダーシップを取ってあげることなのですね。

 

その為には、アイコンタクトの強化をはじめ、隣で歩くことを教えてあげるのが一番の近道ですね。

今日はファーストステップとして、お家の中でポジショニングの練習をしました。

お外でも有効に使えるようになるには、まずはお家の中で出来ることが第一ですね。

ポジショニングを飼い主さんがマスターし、小町ちゃんに教えてあげられるように、頑張りましょう!

 

ちょっとコツがいりますが、とっても上手に出来るようになりましたね!!

 

 

まずは、飼い主さんの横につく!ということを教えていきましょう。

体の動かしかた、小町ちゃんの誘導の仕方、とっても上手に出来てますね!

素晴らしいです!!(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

この後は、次のステップとして体の動きをフェーディングしていき、徐々にハンドシグナルへ切り替え、そして、最終目標は「あとへ」や「ヒール」のコマンドだけで飼い主さんの横に小町ちゃんが自ら戻ってこれるようにレッスンを進めていきましょうね。

ひとつひとつ、丁寧にステップアップすることが大事です!!

 

今日はちゃんとポジショニングが取れるようになるだけでよいのですよ!

飼い主さんも小町ちゃんもとってもお利口です!!偉いですね!!

 

そして、そのあとはお散歩へ出かけましたよ。

お家で練習したばかりなので、すぐにはお外ではできませんが、ちょっと挑戦してみたら、ちゃんと出来ました~~!!小町ちゃんはとってもお利口さんです。賢いですね。

 

 

 

信号待ちでもしっかりお姉ちゃんを見ることが出来ましたよ!

普段からちゃんとしているのがよくわかりますね。

 

 

お外でもちゃんと指示が入ります!素晴らしいですね!!

とってもお利口にお散歩が出来ましたね。

前半は引っ張ったらどうしたらよいかということをお伝えし、そしてアイコンタクトを頻繁にとりながらのお散歩を目指しました!

とっても上手に出来ました!!

 

少しコツがいりますが、小町ちゃんもご家族様も熱心にトレーニングして下さるので、とっても嬉しいです。

少しでも成長が見えるとみんな嬉しい気持ちになりますね。

いつもハッピーは気持ちでトレーニングしていきましょう

 

小町ちゃんの所有欲

 

前日ママからLINEがあり、ご飯を下げようとしたときに咬まれたという連絡がありました。

元々、モノを守る『所有欲』が強く、スリッパやおもちゃ、ご飯などを取る時に噛みつき行動が見られるというご相談でした。

 

所有欲からくる噛みつきは、いわゆる『本能』ですので、その本能を取り去ることは出来ません。

どうしたら噛まないようになるか、ということを考えるのではなく、所有欲を起こすシチュエーションを与えないように暮らしていくことがとても大事なのですね。

 

プラス、トレーニングで『チョウダイ』を教えたり、日々飼い主さんとのコミュニケーションも大事になります。

また飼い主様の手は、おやつをくれたり、撫でてくれる優しい手と教えてあげることもとっても大事ですね。

ご家族様の接し方を拝見させて頂くと、小町ちゃんは飼い主様に撫でられることは大好きな様子、とても素晴らしいですね。

自らお腹を見せて撫でて撫でて、と催促!!

みんな大好き!!のボディーランゲージを表していました。

とてもよい関係性ですね。

 

 

 

ワタシがお家へ伺ったのは3回目になりますが、いずれもおもちゃ遊びをしたりおやつをあげる時でも、本気噛みをするシーンは見られませんでした、

おそらく特定のモノに対しての所有欲が強いのかな、と思います。

 

特に小町ちゃんはお母さんの履いているスリッパが大好きなご様子。

スリッパを取られてしまった時に取り返すことが出来ないので、そのまま与えている為にスリッパは自分の所有物と考えていると思われます。

 

そのため、小町ちゃんが遊びに飽きてスリッパをほったらかしにしている時でも飼い主さん側がスリッパを回収しようとすると「それ!アタシのだから!!」と所有欲が刺激されてしまうのでしょう。

 

その時は、回収する時に注意が必要ですね。

おやつをあげながら、回収するところを見せ、所有欲が働かずにおやつを食べることが出来ている時にいっぱい褒めてあげることが大事です。

 

数日前から少し気が立っている様子、とのことでしたが、少なくてもワタシがお邪魔した時にはそのような様子は見られませんでした。。。

季節の変わり目は誰でもバイオリズムが崩れやすくなりますね。

小町ちゃんも少しナーバスになっていたのかもしれません。

 

頻繁にストレスサインも出していました。

 

小町ちゃんは2歳なので、これまでに経験したことを上書きしていくには、少し時間がかかると思いますが、飼い主様が常に毅然とした態度で対応していくことで、改善の道は見えてくると思います。

引き続き楽しくお勉強していきましょうね。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Dog Training Only WAN. All rights Reserved.