東京都で犬のしつけでお困りならお任せ下さい

お気軽にお問合せ下さい 090-8565-0398 【受付】9:00~19:00【定休】不定休

ブログ


犬の歯磨きのやり方~中級編~

犬の歯磨きをしよう~中級編~です。

 

初級編で「歯ブラシに慣らす」ということをお伝えしました。
中級編では「歯ブラシに慣れている」ということを前提にお伝えしますね。
まだ歯ブラシに慣れていない、始めたばっかりと言う方は、「歯ブラシ」を嫌がってしまったり、嫌いになってしまう可能性があるので、ゆっくりと焦らずに初級編を繰り返してくださいね。

 

さて、中級編ではいよいよWANちゃんの口の中に歯ブラシを入れていきます。
ここで、大事なアイテムは『おやつ』です。
フードでも構いませんが、初めてのことに挑戦する時は、いつもよりも特別なおやつがあるとよいですね(^▽^)/

犬の歯は、切歯(前歯)、犬歯(牙)、前臼歯(前の奥歯)、後臼歯(奥の奥歯)と4種類あります。

磨く時はどこからでもよいので、WANちゃんにストレスのない所からスタートしましょう。

準備するのは、『おやつ』『水の入ったコップ』と当然『歯ブラシ』です。

 

歯ブラシを水に濡らしWANちゃんの歯に少し当てたら、すぐに『おやつ』をあげて下さい。

またWANちゃんの歯に歯ブラシを少し当てたら、すぐに『おやつ』という具合に少しずつ歯ブラシを歯に当てるところから慣らしていきましょう。

 

段々と慣れてきたら、少し歯ブラシを動かしてみます。
WANちゃんが「やめて」と思う手前でやめてあげることが大切です、
ここで欲張ってしまい、『もう少し磨かせて~』と無理やりやってしまうと、馴致トレーニングの効果があっという間に消えてしまい、今までの苦労が水の泡になってしまうので要注意です。

 

歯ブラシを少し当てたら『おやつ』、歯ブラシを少し動かして『おやつ』を何度も繰り返し行いましょう。

 

段々と慣れてきたら、少しずつ歯ブラシを動かしている時間を延ばしていくイメージです。

歯ブラシを動かす時は、プラークを掻き出すように前へ前へと動かしてあげるとよいですね。

 

 

さて、ここでひとつ疑問が生まれると思います
『おやつを食べさせながら歯ブラシって意味あるの??』という疑問ですね。
私も最初、犬の口腔ケアの講習を受けた時に『???』と思って講師の先生に質問しました。

 

Q『おやつを食べさせたら、またプラークが増えるのではないですか?』
A『プラークが石灰化(歯石化)するには1日かかるので、今日食べたおやつのプラークは明日磨けばよいのです』
という答えでした。

 

なるほど~~!!納得ですね。
ですので、歯磨きは毎日必要!ということなのですね。

歯磨き中級編の動画あるので、よかったらご覧くださいね。

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Dog Training Only WAN. All rights Reserved.