ブログ


犬のしつけを獣医さんに聞いてみたら!?

今日、ある飼い主さんからビックリするようなご相談を受けました。

「仔犬の甘噛みが治らないのでどうしたらよいですか?」という質問に対して、なんと獣医さんが!!

「首根っこを押さえて大人しくなったところで褒めてあげて下さい」と言ったらしいのです。。。。

 

ええええ~~~~~!!!(*_*;

そんな方法を大事な飼い主さんにお伝えしている獣医さんがいることにビックリですし、そんなことをまだ主流のしつけ方として認識していることにもビックリです。

獣医さんは医学の専門家であって、しつけの専門家ではありません。
またショップの店員さんのアドバイスを継続したことで、問題が悪化した、、、というのもよく聞く話です。

飼い主さんに覚えておいてもらいたいのは、どちらもしつけの専門家としてのアドバイスではなく、あくまでも個人的な意見であるということです、
しかも、無責任な。。。(´Д⊂グスン

 

その他、ネットなどで調べると
「下あごを抑える」とか
「タオルを頭から被せてお尻を叩く」とか
「噛まれた手をグーにして口の中に突っ込む」とか。
びっくりするような情報が溢れています。。。

その他、「犬に咬ませておいて何もしない」という方法もありますが、これはプロが行う方法で、一般の飼い主さんにはお勧めできませんし、犬のボディーランゲージを瞬時に読んで正しい対処を行う必要があるので、熟練のトレーナーしか出来ません。

獣医さんがくれたアドバイスを含め、上記のモノはすべて嫌悪や恐怖を与えて犬に行動を制限させるというやり方です。強制トレーニングですね。
犬の研究も日々アップデートされていて、今は陽性トレーニングが主流になっています。
強制トレーニングは「よい結果を生まない」という考え方に変わってきているんですね。

 

警察犬や救助犬、盲導犬などの使役犬は、人と自身の命を守る危険(または大事な)なお仕事をする為に、必要の際には強制トレーニングを行うこともあるでしょう。
しかし、それは犬の生体~行動学においての専門知識を持っているプロ中のプロが行うモノであり、素人が見様見真似で行っていいモノではありません。

おそらくその獣医さんは、古い情報しかお持ちではなかったのではないでしょうか。

 

犬にそのような躾を行ったところで、百害あって一利なしです。
飼い主さんを怖いと思ってしまったり、嫌な存在と思ってしまうと今後正しい信頼関係を築くのが大変難しくなります。
また今後お手入れなども含め、様々な障害が出てくる可能性大です!!
飼い主さんを恐怖や不安の対象に捉えた犬と楽しいドッグライフが過ごせますか?
絶対に過ごせません。

強制トレーニングで犬との信頼関係を築くのはとても難しいのです。(絶対不可能ではありませんが、少なくても素人には無理です)

 

 

飼い主さんが獣医さんのアドバイスを行ったところ、褒めようとしたら指を思いっきり噛まれた、、、ということでした。

当たり前ですね。(´Д⊂グスン

それは既に甘噛みではなく「本気噛み」です。

 

ちょっとご自身で想像してもらいたいのですが。。。

貴方が誰かに胸倉をつかまれて、動けなくなったところに、胸倉をつかんでいる人の手が自分に近づいてきたら、その手は褒めてくれると思いますか?
思いませんよね。。。もっとひどいことされると思い身構えるか、やめてという気持ちから反撃にでますよね。。。

WANちゃんもおんなじなんですね。

 

どうか、そのような情報を信じて、いまだに「叱って躾ける」「抑え込んで躾ける」というやり方を行使されている方は、一刻も早く止めて下さいね。

溢れる情報の中から、正しい情報をチョイスするのは飼い主さんの大事なお役目です。

皆様の楽しく幸せなドッグライフを心から応援しています。

youtubeチャンネル:わんわん110WAN

FBページ:「愛犬しつけ相談室」

アメブロ:「愛犬と笑顔の玉手箱」

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Dog Training Only WAN. All rights Reserved.