ブログ


犬にマスク!?やめて!危険です

犬にマスク!?

せ~ったいダメです!!危険です。

なんでこんなものが市場に出回っているのか!?

売っているショップは何を考えているのか!?

そして、これらの広告を信じて購入している人がいるのか!?

 

疑問と怒りとむなしさで憤る。。。

 

ネットで調べてみると、ありえない広告やネットニュースが目に留まる。

「犬にマスクをしている優しい少年」とか

「犬にもマスクでオシャレを楽しむ人」とか、、、。

「マスクをしてペットをコロナから守ろう!」とか、、、。

 

 

ありえない。。。

 

【犬にマスクをする危険】

犬の汗腺はアポクリン汗腺と呼ばれる汗腺で、この汗腺はアブラ状の汗を分泌しますが、汗をかくという機能には優れていません。

一方、体温調節をする為に水状の汗をかく汗腺をエックリン汗腺と言いますが、このエックリン汗腺が発達している動物は人間を含めて一部の動物だけです。

有名なのは、馬とかカバですね。(カバの汗はピンク色って知ってました?)

犬や猫にもこのエックリン汗腺はありますが、体のごく一部の肉球や鼻先のみです。

ですので、犬はパンティング(舌を出してはぁ~はぁ~する、犬特有の行動)をして、体温調節をするのです。

猫は温暖差を感知する能力が優れていて、自ら涼しいところ、温かいところに移動します。

 

以上のことからもわかるように、汗をかいて体温調節をすることが苦手な犬に口の周りを覆うマスクをするのは、

大変危険です。

コロナになる前に熱中症になってしまいます。。。

 

〇パンティングで体温調節する犬はにマスクをしたら、体温調節が出来ずに熱中症の危険があります。

〇自分でマスクを外せないのでストレスがかかります

〇誤飲の危険があります。

 

数日前に犬の新型コロナウィルス陽性が確認されたというニュースが流れました。

それをきっかけに犬にマスクをしている動画や画像がSNS上にあふれ始めました。

ワタシが目にしただけでも数十件。。。

 

え?!まさか!??と思ってネット上で調べてみたら、なんと某Yショップや某Aショップなどが公然と犬のマスクを販売しているではありませんか!?

ネット上の情報がどれだけ不確かで無知な消費者を操っているかがわかる顕著な例だと思いました。

 

【ペットにおけるコロナ感染】

 

以前から海外ではペットが感染したという報告は上がっていました。

犬は香港、アメリカで。

猫はアメリカ、ベルギー、フランスなどの数国です。

しかし、ペット達は数日中には陰性に転じることも多く、症状が現れて体調を崩したという報告はありません。

 

今回、国内で2頭の犬のコロナ陽性が確認されましたが、犬から人に感染した、ヒトから犬に感染したという事実はなく、感染源は不明のままです。

またこの2頭の犬達も健康上に大きな問題はないそうです。

 

【人間の予防策をペットに当てはめないで】

 

〇犬にマスクをさせないで!

・熱中症の危険があります。

 

〇ポピドンヨードでうがいをさせないで!

・犬はヒトのようにガラアラペッっとうがいが出来ません。

ポピドンヨードは生体消毒やシャンプ―の材料として使うことはありますが、口の中に含むものではありません。

 

〇過剰な消毒はしないで!

・お散歩から帰ってきたからと言って、人間用のアルコールで足先や体を消毒するのは皮膚炎の危険があります。

また顔周りなどには刺激が強すぎて目や鼻がしみてイタイです。

足先や体を洗うのは、水道水で十分です。

 

 

ペットたちをコロナから守る為には、まず飼い主さんが感染しないことが第一です。

 

過剰にコロナへ恐れを感じ、間違った知識と対応でペット達を危険に、またストレスにさらすことのないように、

気を付けて頂ければと思います。

 

youtubeチャンネル:わんわん110WAN

 

FBページ:「愛犬しつけ相談室」

 

アメブロ:「愛犬と笑顔の玉手箱」

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Dog Training Only WAN. All rights Reserved.