東京都で犬のしつけでお困りならお任せ下さい

お気軽にお問合せ下さい 090-8565-0398 【受付】9:00~19:00【定休】不定休

ブログ


ポンスキー麗ちゃん・パピーコース②

ポンスキーの麗ちゃん、パピーコース2回目のレッスンですよ!

今日はオイデと名前入れ、ハンドターゲット、それから他人への般化を行いましたよ。

レッスン途中でトイレもしっかり出来ました!!偉いですね~~!!

 

さて、お家に入ってビックリ!!なんと!フリースペースが広がっていました。

仔犬のフリースペースとしては、理想的な環境ですね。

 

 

フリースペースのメリット

 

仔犬を飼うと、フリーにしてあげたい、いつも傍にいて欲しい、なんて気持ちから、ついつい仔犬を放しっぱなしにしてしまう飼い主さんが多いのですが、実は、、、これは仔犬の躾としては逆効果のことが多いです。

広々としたお家の中を自由に歩ける状態だと、まずトイレトレーニングが大変難しいです。

犬にはそもそも『トイレ』の概念がありませんから、したい時にしやすい場所を選んでするようになってしまいます。

またフリーの状態にしておけば、暇を持て余した仔犬が飼い主さんを噛んで遊びに誘ったりして噛みつき行動も起きやすくなります。

またお部屋全体が自分の縄張りだと感じてしまえば、外界からの刺激(音や窓から見える人や車)などに対し警戒心が働き吠えなどの行動にも結びつきやすいですね。

 

怖いのは誤飲の危険です。

・危険なモノを食べてしまって開腹手術

・ソファーから降りたり、走り回ったあげくに骨折

・袋に顔を突っ込んだまま窒息寸前

・コードを噛んで感電なんてことも、、、珍しい事象ではないのです。

と、人の生活の中には仔犬にとって危険なモノがたくさん潜んでいるのですね。

 

犬はケージの中で飼う生き物ではありませんが、正しい行動を覚えるまでには限られた空間(スペース)で過ごすことの方が、断然管理も躾もしやすいのです。

 

成長し、色々なことを学んでからフリーにするのでも遅くはありません。

仔犬の頃は、限られたフリースペースで過ごさせ、飼い主様が積極的にそのスペースに入り、関わってあげることが大切なのです。

 

いずれは、ソファーで一緒に寛いだり、傍らに犬が隣にいて読書を楽しんだりすればよいのです!

そのためにも、仔犬の頃の環境設定はとっても大切なのですね。

 

麗ちゃん御家族様はとっても素晴らしいですね!

 

名前入れ

 

麗ちゃんはアイコンタクトがとっても上手です!

アイコンタクトの練習はほぼ必要がないくらいに注目が取れます。面白いくらいこっちを見るのです。

とってもお利口さんです!!

 

アイコンタクトの学習がとっても早いので、早速名前入れを行いました。

おやつを持っている手の位置を少しずらし、舌呼で麗ちゃんとアイコンタクトを取ります。

その学習が出来てきたら、早速名前入れです。

今まで舌呼で注目をとっていた手順を舌呼の代わりに名前を入れればよいのですね。

 

おやつを見た後、「麗!」と呼びます。

麗ちゃんは、すぐにパパを見ることが出来ましたよ!!

素晴らしいですね!!

 

 

◆おやつを見てるけど。。。。

 

◆『麗!』の声でしっかりとパパが見ることが出来ました!!

 

オイデ

 

オイデの練習はご家族様みんなでやると楽しいですね。

麗ちゃんご家族様は、小っちゃいお姉ちゃんや小っちゃいお兄ちゃんたちがいるので、とても楽しく出来ますね。

 

やり方はとっても簡単です。

最初はママとパパからスタートです。

ママが麗ちゃんをホールドしておき、パパが別方向から麗ちゃんを呼びます。

麗ちゃんがやってきたらすぐに褒めておやつをあげます。

 

徐々に慣れてきたら、ホールドせずにママ側へ注目を取っておきます。

ママへ注目が取れている時に別方向からパパが呼びます。

麗ちゃんがやってきたら、すぐに褒めておやつをあげましょう。

 

この時に注意しなくてはいけないのは、名前の連呼をしないことですね。

まだ練習を始めたばかりの時は、振り向かなったり来なかったりした時に名前を連呼してしまいがちです。

でも、それをしてしまうと「名前」自体に価値がなくなり、無視をすることを覚えてしまうのですね。

 

もし、一回の呼び声で振り向けなかった場合は、名前ではなく、舌呼や口笛、また膝を叩くなどして、別な方法で注目を取りましょう。

 

上手に出来てきたら徐々に人数を増やしていきます。

パパとママとちっちゃいお姉ちゃんと挑戦ですよ。

 

パパが呼んでる~~♪

 

今度はお姉ちゃんが呼んでる~~♪

 

みんなの「オイデ」にちゃんと反応出来ましたよ!

麗ちゃんもちっちゃいお姉ちゃんもとてもお利口さんですね!

 

ハンドターゲット

 

ハンドターゲットとは、飼い主さんの指した出した手の甲に鼻をタッチさせるといトレーニングです。

これが出来るようになると、今後色々なトリックを使う時にルアーとしても役立つし、何より、飼い主さんが動かしたい位置に犬を誘導することが出来るようになります。

 

また飼い主さんの手に対してよいイメージがついてくるので、今後起こりやすいトラブルを未然に防ぐことも出来ますね。

 

最初はおやつを持って挑戦です。

手の甲に鼻先がタッチ出来たら、すぐにクリッカーを鳴らし、持っているおやつをあげます。

麗ちゃんはとっても集中力が取りやすいので、このトレーニングも難なくこなしていきます。

凄いですね!!

 

 

鼻タッチ!

 

今度はこっちかな♪

 

 

次のステップとして、おやつを持たずにやりますよ。

おやつを持たずに挑戦しても、麗ちゃんの集中力は途切れること無し!

集中力がとにかくすごい!!底知れずです!!

 

練習を重ねて、おやつを持たずに10回タッチ出来るところまで出来たらハンドターゲットは卒業です。

麗ちゃんの集中力は、人と仕事をすることに特化されたハスキーの血が色濃く受け継がれている感じです。

もちろん、ご家族様からの愛情あってこそですね!

 

初めての人に会う時は

初めてのWANちゃんと出会った時は、目を合わさないことが大事です。

犬を見つめることは、敵意を表すボディーランゲージに繋がることがあるからですね。

正面を向かずに体は斜に構える、そして目線を少しずらすことが秘訣です。

WANちゃんが自ら見つめてきたら、おやつをあげてWANちゃんを仲良くなりましょう。

 

今日はママのお姉さんと姪っ子ちゃんが麗ちゃんに会いに来てくれました!!

社会化トレーニングには絶好のチャンスです。

ワクチン前の仔犬は、なかなか人に会うチャンスもなく、いざお散歩デビューすると人が怖い、犬が怖い、なんてことはよくあることです。

 

仔犬の社会化期を過ぎてからの人馴れ、犬慣れ、その他人間社会に溢れいている様々な事柄に慣らしていくのは、とても大変なのですね。

一度ネガティブなイメージがついてしまうと、そのイメージを払拭し、よいイメージに上書きしていくのは、大変な時間と労力がかかってしまうのです。

 

犬の社会化期の世界基準は、「100人の人と100頭の犬に会いましょう」です。

ですので、この時期の仔犬を飼っている飼い主さんには「ホームパーティーをしましょう」とお伝えするのです。

お家に遊びに来てくれるお友達がワンちゃんを飼っていたら、是非ご一緒に!!です。

(ただし、そのWANちゃんにもよります、攻撃的な子、犬慣れしていない子はちょっとご遠慮願いましょう)

 

ただ、ちょっと、、、今は、コロナ渦で難しい面もありますね。。。

早く終息することを願うばかりです。。。

 

さて、ママの姪っ子ちゃんと初めてのご対面ですよ。

最初は目を合わさずに、少し斜に構えた格好で接してもらいます。

麗ちゃんが自ら寄っていったら、おやつをあげますよ。

 

麗ちゃんは知らない人にも物怖じせずにグイグイいくことが出来ました。

とってもお利口さんです。

なんと!おやつをもらう時は、ちゃんとオスワリも出来ました!!

麗ちゃん♥お利口~~!!

ベリーグッドです!!

 

 

この人怖くないな(^▽^)

 

おやつをくれるとっても素敵な人だ!

 

ご家族様みんなでトレーニングに取り組んで頂けるのは、とっても嬉しいです。

みんなで楽しくトレーニングしていきましょうね。

また次回お会いできるのが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 Dog Training Only WAN. All rights Reserved.